会社案内

製品情報

TRINC METHOD
 静電気・異物対策の・・

デモセンター ネットワーク
目からウロコの新発見

革新技術
空間・無風・無漏電・・

実証主義
成果が出るまでフォロー

導入実績集


各種
イオナイザー方式


ご用心!
間違った対策が見受けられます


トリンク文庫
静電気ホコリゼロ革命…



ご用心!




火災・爆発 に ご 用 心

火災・爆発 に ご 用 心
 

静電気対策HOME > 火災・爆発にご用心

除電器(イオナイザー)
の選択のポイント
除電器(イオナイザー)
の正しい考え方


お問合せ総合窓口
1. 従来型 防爆認定除電器の問題点!

1)高圧部に触れるとスパーク発生
 放電針となどの高電圧部位がむき出しになっている場合人手や治具などが触れると可燃性雰囲気中で火花放電が発生する事があり、火災につながる恐れがあります。

      
2)高電圧部に異物が付着して漏電発生
 高電圧を絶縁する絶縁体の表面に導電性の異物が付着すると、漏電が発生し火災・爆発事故へつながります。


2.TRINCの防爆認定構造は安全!
 除電器本体は3重の容器に格納されていて最外装はアルミで覆われ機械的な強度を確保しています。
 メンテナンスはTRINC独自のワンタッチクリーナを搭載し放電針の汚れをワンタッチで清掃できます。
 放電針が減耗した時の交換も分解することなく交換が可能です。


 TRINCの防爆認定構造は2重の安全対策が取られています。
 危険領域には各種防爆構造を採用し、安全領域には制御盤を置き流れる電流を監視し異常があれば即座に電流を遮断します。

        



 
(R) 「無風除電」 「空間除電」 「イオンエンジン」 「微風除電」は、当分野で先駆した株式会社TRINCの登録商標です。
戻る
TOP
SNS
FaceBook
Youtube
TRINC ブログ
 
ブランド
Lohen